新神戸駅直結、女医がいる婦人科新神戸ウェルネスクリニック

診療時間 9:00~13:00 / 14:30~17:00
月曜・水曜・木曜(祝日除く)

078-272-0707

MENU

ページ内目次

一般婦人科

月経(生理)関係

月経関係の様々な症状

多くの方に少なからずの生理痛があります。月経(いわゆる生理)が始まる直前か、月経中に起こる下腹痛、腰痛、頭痛などを総称して”いわゆる生理痛”といいます。生理痛自体は異常なことではありませんが、生理に伴っておこるさまざまな症状(むくみ、ニキビ、乳房や下腹部の張り、肌荒れ、腹部の激しい痛みなど)は人それぞれ異なり、同じ人でも周期によって違います。程度が強く日常生活に支障をきたすような状態のことをとくに”月経困難症”といいます。
また、生理痛は年齢ととも痛みが強くなってくることがあり、これは月経量の増加が考えられますが、以前にくらべて強くなってきたような場合には、単に生理痛とはいえず卵巣や子宮に異常がある場合も考えられます。強い生理痛にお悩みの方は、一度、婦人科の診察を受けられることをお勧めします。

不正性器出血(生理以外の出血)

不正性器出血

生理とは無関係で不規則な出血のことをいいます。不正出血といっても、必ずしも子宮から出血しているとは限らないからです。尿道口、外陰部、膣、肛門から出血していることもあります。
子宮からの出血であることが確認できれば、次にその原因を調べます。妊娠の可能性があるときは尿検査で妊娠をチェックします。妊娠でなければ、子宮に異常がないかどうかを検査します。子宮に細菌が感染して炎症を起こしていたり、子宮筋腫やポリープといった腫瘍があれば不正出血の原因となります。
低用量ピルや血を固まりにくくする薬も不正出血を起こすことがあります。
検査したけれど上記のような原因が見つからなかった場合には、機能性の出血といって女性ホルモンが原因となっていることが考えられます。

子宮筋腫・子宮内膜症・ポリープ

子宮筋腫

子宮筋腫は主に平滑筋という種類の筋肉でできています。これが良性腫瘍になったものを子宮筋腫とよび、子宮に「瘤(こぶ)」ができたようになります。30代以降の女性では3〜4人に1人はみつかるポピュラーな病気です。子宮筋腫はできる場所や大きさによって症状の出方が違いますが、無症状のことが多く、自覚症状が出る場合、月経痛・過多月経が主体です。検診でみつかったという方も少なくありません。症状がない場合は大きさによって頻度は異なりますが、定期的に大きさのチェックを行います。

子宮内膜症

子宮内膜症は近年増える傾向にあります。20歳~30歳代の比較的若い世代におこりやすいと言われます。子宮内膜が子宮以外の臓器で発育し、主に卵巣(チョコレート嚢胞)または子宮筋層内(子宮腺筋症)で、生理のように出血を繰り返す疾患です。月経血と違い、膣から出血しないので、生理の血液がその場に溜まり炎症を起こしてしまいます。更に、周囲臓器との癒着を起こすと、月経痛そして不妊症の原因となります。生殖年齢女性に発生し、月経を重ねるごとに進行していきます。上記のような原因が見つからなかった場合には、機能性の出血といって女性ホルモンが原因となっていることが考えられます。

【症状】
  • 月経痛
  • 慢性骨盤痛
  • 排便痛
  • 性交時痛

更年期障害

更年期障害

定義では「更年期とは生殖器(性成熟期)と非生殖器(老年期)の間の移行期をいい、卵巣機能が減退し始め、消失するまでの時期」にあたるとされています。
更年期の時期は個人差はありますが、閉経の前後10年間と考えてよいでしょう。(一般的には45〜55歳)
更年期の症状には、顔のほてり、のぼせ、冷汗、腰や手足の冷え、動悸、不眠、イライラ、抑うつ、頭痛、めまい、口の渇き、不眠障害、気力減退、肩こり、腰痛、手足の関節の痛みなど、なんらかの症状が現れると言われています。
治療には、女性ホルモン補充療法や漢方薬を中心とした治療となります。

子宮がん検診・乳がん検診

子宮がん検診

子宮頸がん検診(20〜30代の方に)

子宮の入り口にある部分の細胞を採取し、がん細胞・なりかけているもの(異型細胞)の有無を顕微鏡で調べます。

子宮体がん検診(50〜60代の方に)

子宮の奥の方にある部分の細胞を採取し、がん細胞・なりかけているもの(異型細胞)の有無を顕微鏡で観察する検査です。閉経後の出血があるなどの場合に実施されます。

経腟エコー

子宮体がん/子宮筋腫/子宮肉腫/子宮内膜ポリープ/卵巣のう腫/内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)/卵巣がんの有無を調べます。

HPV検査

子宮頚がんの原因となるHPV(human papillomavirus/ヒトパピローマウイルス)の感染の有無を調べます。HPVは主に性交渉によって感染し、性交渉経験がある約80%の女性が50歳までに一度は感染するといわれる、ありふれたウイルスです。HPVに感染していなければ子宮頚がんにかかる可能性は極めて低いと考えられており、そのためHPVの検査と定期的な子宮がん検診で早期に異常を発見することが重要です。

検査項目 費用(税別)
子宮頸がん検診 3,600円
子宮体がん検診 5,800円
経腟エコー 5,800円
HPV検査(ヒトパピローマウイルス) 5,000円
セット検査 費用(税別)
子宮頸がんセット(子宮頸がん細胞診+経腟エコー) 5,100円(割引料金適用)
子宮体がんセット(子宮体がん細胞診+経腟エコー) 7,000円(割引料金適用)
子宮頸がん・乳がんセット(子宮頸がんセット+乳がんセット) 14,500円(割引料金適用)
子宮体がん・乳がんセット(子宮体がんセット+乳がんセット) 16,500円(割引料金適用)

新神戸ウェルネスクリニックでは、健診コースメニューに追加可能なオプション検査を多数ご用意しております。年齢や性別や気になる症状などに合わせてお選びいただけます。

オプション検査項目について

乳がん検診

乳腺エコー(40歳未満の方に)

手には触れないごく小さいしこりを見つけることができます。

マンモグラフィー(2方向)

乳房を上下・斜めの2方向からレントゲン撮影します。微小な影も鮮明に写し出し乳がんの早期発見をはかります。多少の痛みを伴いますが、個人差があるようです。

検査項目 費用(税別)
乳腺エコー 4,500円
マンモグラフィ(2方向) 6,000円
セット検査 費用(税別)
乳がんセット(マンモグラフィ(2方向)+経腟エコー) 9,600円(割引料金適用)
子宮頸がん・乳がんセット(子宮頸がんセット+乳がんセット) 14,500円(割引料金適用)
子宮体がん・乳がんセット(子宮体がんセット+乳がんセット) 16,500円(割引料金適用)

新神戸ウェルネスクリニックでは、健診コースメニューに追加可能なオプション検査を多数ご用意しております。年齢や性別や気になる症状などに合わせてお選びいただけます。

オプション検査項目について

ピル外来

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルはさまざまな副作用を大幅に軽減した安全性の高いものです。避妊目的だけでなく、生理痛・月経不順・子宮内膜症の治療効果や、生理にまつわる不快な症状の改善にも効果があります。

【低用量ピルを服用するメリット】
  • 生理痛の緩和
  • ニキビの改善
  • 安全な避妊
  • 女性特有の病気・ガンの予防
  • 乳腺症の緩和
  • 子宮内膜症への治療効果
【まれに起こる副作用】

服用開始時には10人中1~2人の方に軽度の吐き気、頭痛など『つわり』のような症状が現れることがありますが、数日のうちにほとんどの方では症状が消失します。症状の原因は、一時的なホルモン状態によるものがほとんどです。低用量ピルを服用すると、体内のホルモンバランスが今までと違う状態になります。その状態に慣れるまで、一時的に副作用が出る場合があります。
副作用がひどい場合や長く続くときは、すぐにご連絡ください。

  • 頭痛、吐き気
  • 出血、乳房痛
  • 血栓症

アフターピル(緊急の避妊法)

アフターピル

緊急避妊とは、十分な避妊対策をできずに性行為を行った場合に、性行為後に緊急的に対応し、避妊対策をすることをいいます。その最も一般的な方法が、緊急避妊ピル(アフターピル)と呼ばれるものです。
国で認可されているお薬を服用しますので、ほとんどの女性にとって有効で安全な避妊方法となっています。
(※緊急避妊は、完全に妊娠を阻止できるわけではありません。服用後の対応について、医師の説明をよく聞き、指示に従って下さい。過敏症、肝障害、妊婦である人などは服用できません。)

【まれに起こる副作用】

服用による吐き気や頭痛、不正出血などの副作用もあります。この副作用が長く続くことはありませんので、ご安心ください。また、不妊の原因になることもありません。この避妊方法は、あくまでも緊急措置です。100%の避妊効果はないため、服用後3週間以上経っても生理がない場合は、再度受診するようにしてください。

  • 頭痛、吐き気
  • おう吐、下痢
  • 不正出血

性感染症

性感染症

性行為感染症

性行為感染症は「Sexually Transmitted Diseases」の日本語訳で、略して「STD」と言われています。これらは、感染している人との性行為により感染します。病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこります。その症状は様々で、痛みや出血を伴うものもあれば、かゆみがあるものもあります。主な感染経路が性行為である性病は、決して自分だけの病気ではありません。早めの検査・治療は、自分だけでなく、相手を守ることにもつながります。当クリニックでは各種性病検査を行っておりますので、まずは一度ご相談ください。

婦人科検診のよくある質問

Q生理中は診てもらえませんか?
生理中は、診療内容によっては診察や検査が正しくできないこともありますので、可能な範囲で避けていただくほうがよろしいかと思います。ただし、出血が止まらないとか、不正出血が心配で受診されたい場合は、出血中に受診されても全く問題ありません。
Qマンモグラフィー検査は何才からできますか?
40才代で乳がんを発症する方が多いので国内の指針でも推奨年齢は『40才から』となっております。但し、20代~30代の方でもご希望があれば受診できます。
Q乳がん検査は授乳中でも出来ますか?
当院では原則授乳中の方の検査はしておりません。検査可能時期に関してはお問合せ下さい。